●最初のワイン「小川小公子2013」ができるまで・・・

2011年1月
小川町有機農業研修の最中・・・
荒れた休耕地の開墾から始まりました。
2011年2月
開墾が完了した畑
風通しの良い山の斜面です。
 2011年3月
ブドウの苗木が届きました!
 2011年4月
記念すべき1本目のブドウ苗木を植樹
 届いたハウス資材を山の上まで運びます。
真夏日の作業は大変でした。
 2011年5月
ハウスのアーチを組み立て
記念すべき、最初のアーチ!
 2011年6月
この間、1本1本確認しながら、虫などを手で取ったりの作業が続きます。
農薬、化学肥料は一切使用しません。
順調に成長。
 アマガエル  
 翌年2012年8月
無事に初収穫日を迎えました。
10数名で行なったので、20分ほどで終了しました。
 初収穫は30kgほど。  
手伝いに来てくれた友人達、10数名で選果作業。
一部、食べちゃう人も・・・
果汁を絞っています。
この年はブドウジュースにしました。
2013年2月
夏の収穫に向けて、冬場に剪定などをしてブドウ樹の手入れをします。
2013年6月
新芽がとっても元気にどんどん伸びています!
2013年8月17日(土)15時スタート
猛暑なので、夕方からみんなで一気に収穫開始です。
今年はじゃらじゃら音がしそうなくらい、たくさんのブドウが実りました。ブドウには雨除け、鳥よけのために袋掛けをしてあります。
30人くらいの知人友人、小川町の仲間が手伝いに来てくれて大変盛り上がりました!
日陰で・・・
ブドウを収穫する人、収穫したブドウの袋を外す人、ブドウの房から潰れたブドウなどを外す選果作業をする人、みんなで分担し、あっと言う間に作業完了しました。約250kgのブドウが収穫できました。去年の約10倍です。お疲れ様でした。
ありがとうございました。
●この翌日に栃木県足利市のワイナリーに持ち込みワインへの仕込みが開始されました。 美味しいワインに仕上がることを期待します!
2014年2月
小川町も記録的な大雪で80センチほど積もりました。
雪が溶けるまで5日ほど畑はお休みでした。
その後、今年も元気な新芽がたくさん出るように、剪定に剪定を繰り返します。
2014年2月
剪定が完了しまたので、新たな畑の開墾です。
この場所は、いままでで一番大変かも。。
そろそろ初ワイン2013が完成します。
2014年3月
待望の「ラベル」ができあがってきました。
小川町の和紙で作りました。
小川町は昔から、水がきれいで、今でも和紙で有名な町なんです。
2014年3月19日
待望の初ワイン、「小川 小公子2013」が完成しました!

◆2017年2月25日(土)以前のブログはアメブロになります。(ブログは2011年4月からあります。)